メニエール病の発症したときの対処法

メニエール病になって療養していた、タッキー&翼の今井翼がようやく復帰しましたね。

彼は先月、繰り返しめまいが起きて立ち上がれないほど体調が悪化してしまい、メニエール病と診断されたそうです。

メニエール病は、急に目の前がグルグル回りだして、めまいが起こるのが一般的な症状です。
また、めまいの前後から耳鳴りや難聴、耳が塞がっているような感覚があるみたいですね。

発作的なめまいは30分以上続く場合が多く、めまいが治まると耳鳴りなども治まるようですが、
めまいを繰り返していくうちに、耳の不快感だけが残ってしまう人も少なくないようです。

めまいが再発する間隔には個人差があって、数日や数週間、また数ヶ月や1年おきという人もいます。

メニエール病では、吐き気や嘔吐、動悸や冷や汗が出ることもあり、非常に辛い病気です。

メニエール病になるのは、耳の内リンパにリンパ水腫が出来てしまうのが原因ですが、
なぜそういった事が起こるのかはよく分かっていません。
ストレスや疲労、睡眠不足、几帳面な性格が関係していると言われていますね。

治療法としては、薬を飲むことが出来るなら、めまい止めや抗不安薬、リンパ水腫を改善する薬などを服用します。
ただ吐き気が強い場合は、横になって点滴治療から行っていくそうです。

実は、メニエール病は難病に指定されていて、完治は難しい病気だとされています。
薬によって発作の回数を軽減することはできますが、耳の難聴などは進行していく場合もありますので、
とりあえず薬で症状を抑えながら、生活習慣や心の問題を見直すことも必要みたいですよ。

ストレスの原因や睡眠不足を少しでも取り除けるように心がけていきましょう。
その日の疲れを、なるべく次の日に持ち越さないように気をつけると良いですね。

なお、めまいの発作はメニエール病の代表的な症状ですが、
めまいが他の重篤な病気の症状である可能性もあるので、自己判断をせずに早めに病院に行った方が良いと思います。

うつ病中にやってはいけないこと

最近、うつ病になってしまう人が多いみたいですね。

うつ病でなくても、軽いうつ状態になっている人を合わせると、
なんと5人中1人の割合で、うつ病やうつ状態を発症しているようです。

私たちにも、いつうつ病の症状が襲ってくるかも分からないので、
もはや人ごとではない病気なんですね。

「やる気がなくなる」「自己否定が強い」「眠れない」「しんどい」

このような状態になると、もしかしたらうつ病の症状かもしれません。

そこで、もしうつ病になってしまったときに、やってはいけない事があるので紹介します。

まず、ネットなどでうつ病関係の情報を調べすぎないようにしましょう。

何とかして治そうと思って調べているのは分かるのですが、
かえって頭がうつ病のことでいっぱいになってしまうので、良くありません。

それから、うつになりかけた時に、同じうつ状態の人と会ってはいけません。
うつを克服した人達が会うのは構いませんが、
うつの初期状態の人は、相乗効果で更に症状が悪化する可能性があるので気をつけましょう。

また鏡を見るのも良くないと言われています。
鏡の中の自分と自問自答をしてしまうので、なるべく鏡は見ない方が良いでしょう。

うつ病にかかると、生きているのが辛くなるので死にたくなる人がいるのですが、
絶対に自殺はしないように、心を強く持つようにしなければいけません。
どうしても、そういった気持ちが沸いていたときは必ず病院に行きましょう。

それと、もし身近な人がうつ病になってしまった場合は、
「がんばって」などの叱咤激励をしない方が良いそうです。

うつ病の人はずっと頑張ってきた人がほとんどなので、
「がんばれ」と言われても「これ以上何を頑張ればいいの?」と思って、ますます自分を追いこんでしまいます。

無理に何かを強要したり、また反応が無いからといって完全に無視するのも止めてあげてください。

たとえ本人が「死にたい」と言っても、
どうせ死なないだろうと思って「死んだら?」と言うのも良くないです。

うつ病は治療を続けると症状は改善するので、くれぐれも焦らないようにしましょう。

リンパ浮腫の改善法

夕方になると手や足がむくんでしまうという女性は多いみたいですね。

女性は男性よりも脂肪が多く筋肉が少ないために、血行が悪くなりがちで、
体の水分代謝がうまくいかなくなることがあるそうです。
生理前には体重が2キロくらい増えてしまう人もいるでしょう。

この場合のむくみは内分泌系のむくみなので、時間がたてば改善するのですが、
症状が進むと重篤な浮腫という症状が起こることもあります。

特に怖いのが「リンパ浮腫」と呼ばれるものです。
リンパ浮腫は、リンパ管などの障害によってリンパ液の流れが悪くなって発症するむくみのことです。

がんの手術後や、放射線療法の後に起こることが多いと言われています。

リンパ浮腫は、むくみを放置していたり重症化するとむくんだ皮膚が線維状になって硬くなり、
変形して象皮症と呼ばれる状態になってしまうのです。

そこでリンパ浮腫は、早期に発見してケアを行って悪化させないようにすることが大切です。

まず、医師の判断で圧迫療法はしっかり行いましょう。
弾性ストッキングや弾性包帯を使うことが多いと思います。

それから、むくみを解消するためにマッサージを行いましょう。
マッサージを行うときは、保湿も兼ねたクリームを使うと良いでしょう。
なぜなら皮膚が乾燥すると、ひび割れて雑菌が入って炎症を起こすこともあるからです。

また衣服はリンパの流れを遮らないように、なるべくゆったりとしたデザインの物が良いみたいです。

食生活は栄養バランスに気をつけて、体重が増加しすぎないようにしましょう。
むくみサプリを飲むのも効果的です。

軽い運動は良いのですが、長時間立っていたり、重い荷物を運んだり、
熱いお風呂に長い時間入ることはやめましょう。

リンパ浮腫は、一度発症してしまうと完治するのは難しいと言われているので、
うまくコントロールして、付き合っていかなくてはいけないかもしれません。

ですので、リンパ浮腫になった人は基本的に過労や睡眠不足にならないようにして、
体調管理をきちんとするようにした方が良いですね。

蜂に刺されたときの応急処置法

夏は蚊が多いので、刺されて不快な思いをする人は多いでしょう。
痒くてたまらないし、顔などを刺されてプクッと腫れてくるとみっともないので嫌ですよね。

家にいる時だとすぐに薬を塗ることも出来ますが、
外にいるときや、薬が無い場合の応急処置方法というものがありますので、知っておくと便利だと思いますよ。

まず蚊に刺された部分を、すぐに石けんで洗うのは良い方法だそうです。
痒みを起こす成分を石けんで洗い流すような感じでしょうか。

また塩を塗るという方法もあります。
刺された部分は弱酸性になっているので、塩を塗る事で中和されて痒みが鎮まるみたいですよ。

それから酢も良いそうです。
原液か少し薄まったお酢を、刺された箇所に塗りましょう。
痺れるような感じになって痒みがおさまってきたら、痒みが治まってきたら洗い流すのです。
ただ、匂いが結構きついので注意した方が良いかもしれませんね。

保冷剤などで冷やすのも、皮膚の感覚が鈍くなるので痒みを抑える効果があります。
刺された跡がプックリ腫れている時でも、早く跡を消すことが出来るでしょう。

逆に、40~50度くらいの蒸しタオルを当てるのも良い方法だそうですね。
痒みの元になる成分は蚊の酵素なので、温めることによって痒みは治まってくるという仕組みです。

あと絆創膏やテープで、蚊に刺された部分が空気に触れないようにするのも良いみたいです。
空気に触れていると、ますます痒くなるそうなので、
空気中の酸素から遮ることで、痒みがマシになってくると言われています。

メンソール系のリップを塗っても、痒みは誤魔化せるかもしれませんね。
蚊が嫌がる匂いなので、それ以上蚊は寄ってこなくなるみたいです。

このような方法を覚えておくと、薬を持っていない時でも緊急時の対処が出来るので良いと思います。

蚊に刺されたら、痒くても掻きむしったりしないことが大切です。
掻いたりすると痒みは酷くなるし、刺され跡が残ったりするので気をつけましょう。

泣きやまない赤ちゃんの夜泣きを治すには・・・

10人に7人ものお母さんが、赤ちゃんが夜泣きして困った経験があるそうですね。

夜泣きというのは知らない人もいるかもしれませんが、
赤ちゃんが夜中に目を覚まして泣き始めることで、
しかもすぐに泣き止むのでなく、長時間激しく泣き続けている状態のことだとされています。

一般的に、早い子で生後2ヶ月~2歳頃まで見られるみたいです。

赤ちゃんが夜泣きをすると、お母さんは授乳やオムツ交換をしたり、抱いてあやしたりしますが、
空腹で泣く場合と違って、原因がはっきりしないので、どうしても泣き止まないのです。

毎晩赤ちゃんに泣かれると、体力的にも精神的にも非常につらく、
ストレスを抱えたり、育児ノイローゼになってしまうお母さんもいるでしょう。

昔は夜泣きは疳の虫によるものだとされて、神経質な子供が起こしやすいと言われていました。

しかし最近では、赤ちゃんの夜泣きは睡眠サイクルが未熟なために起こってしまうと考えられています。

私たち大人は、浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返していますが、
赤ちゃんはまだ睡眠サイクルが未熟なので、レム睡眠が起こりやすく夜中に泣き始めてしまうのです。

また赤ちゃんは体内時計も未熟なので、昼と夜の区別がついていないことが多く、
生活のリズムができていないために夜泣きをしてしまうとされていますね。

そんな赤ちゃんの夜泣きを治すためには、昼間に外に連れて行って遊ばせてあげると良いでしょう。
たくさん遊んだ夜は、疲れてよく眠ってくれるかもしれません。

また寝るときは照明を暗くして、静かな環境で寝かせてあげるのが良いですが、
優しい音楽や体内音を聞かせてあげるのも良いでしょう。

あと、目をつぶって泣き喚いている子の場合は、
いったんしっかり起こしてあげるのも一つの方法かもしれません。
一度起きた後は、気持ちも落ち着いてぐっすり眠ってくれるみたいですよ。

赤ちゃんが夜泣きする時は、原因が分からないことが多いのですが、
まれに病気などのメッセージがある可能性もありますので、赤ちゃんの様子はちゃんと見てあげましょうね。

パーキソン病の対策となってしまったときの対処法

皆さんはパーキンソン病って知っていますか?

パーキンソン病は、1000人に1人くらいの割合で発症する難病で、
若い人よりは50代後半からなる人が多いと言われています。

主な症状としては、手足が震えたり筋肉が強張ったりします。
それから、反応や動作が遅く、前かがみでバランスがとれずに転倒することもあります。
また、顔つきは人形のようになり、会話は小声でどもるようになります。

身体の動きが思うようにいかなくなるのは、脳が出す命令が筋肉にちゃんと伝達できていないためです。

どうしてちゃんと伝達できなくなるのかというと、
脳にある黒質の神経細胞がうまく働かなくなって、神経伝達物質であるドーパミンが減少するからなんです。

しかしパーキンソン病のような症状が出ていても、
例えば、飲んでいる薬が原因でパーキンソン病のようになったり、
動脈硬化などの脳血管障害によって、似たような症状が出ることがあるようですね。

ですので病院で血液や髄液検査を行ったり、
CTやMRIで脳を調べて脳血管障害がないかを調べて、
異常がなかった場合は、パーキンソン病である可能性が高くなるものと思われます。

治療法には、まず薬物療法があります。、
「L-ドーパ」という治療薬は、効果が高いと言われていますが、長期間服用すると、
だんだん効いている時間が短くなるウェアリングオフ現象や、
ドーパミンが過剰になり、体が勝手に動いてしまうジスネキアという症状が起こるかもしれないので、
主治医の判断が大切になってきますね。

薬物療法で効果が見られない場合は、外科療法を行うこともあるみたいです。

パーキンソン病の原因となっている神経細胞を壊す「定位脳手術」や、
それから脳に電極を埋めて神経を刺激する「深部脳電気刺激療法」などがあります。

パーキンソン病の経過は人それぞれですが、
ほおっておくと、発病後10年で少し介助が必要になる人が半分くらいいるそうです。

今は治療法も進んできているので、
何らかの症状が出ていて「もしかして?」と思うようなら、早めに病院に行った方が良いでしょう。

胃炎のときの対処法

これからの時期はどこも忘年会で予定が一杯だと思います。
忘年会というとつきものなのが酒。

ついつい酒を飲みすぎてしまいます。
その次の日にちゃんとケアしていれば問題ないのですが、たいがいの人はその次の日も取引先と飲み会だったり・・・

こんな日々が続くわけです。

飲みすぎたなーと思った次の日はどこか胃が持たれている感じがしたりしますよね。
こういうとき、一番よいのが水以外何も飲まないことですよ。

朝、昼、と水だけで過ごして胃の回復を待つのが一番なのです。

間違っても昼間の弁当でから揚げ弁当などを食べないでくださいね。