ネフローゼ症候群の治療法|家庭でできる対処法

ネフローゼ症候群という病気を聞いたことがありますか?

私は何度か耳にしたことはありますが、具体的にはどんな病気なのかは知らずにいたのです。

でも、それがむくみに関係するってことを知ってむくみやすい私はすごく怖くなりました。

誰でも今まで尿検査ってやったことありますよね?あれって項目の中に尿たんぱくっていう箇所があって、
簡単な物だとプラスかマイナスで表してるはずです。

それがプラスになっている場合は尿の中にタンパクが多く入っていて何かしら体に異常があるってことらしいのです。

その異常っていうのがネフローゼ症候群だってこともあるみたいで、尿検査で初めてこの病気だって気づく人も多いみたいですよ!

ネフローゼ症候群になると、体内の塩分が排出されにくくなって水が溜まってしまうからむくみが生じて、
体重も増加していきます。

塩分や水分を取り過ぎてむくむ場合は時間に朝起きたときとか、夕方とか時間が決まっていて一日中ではないですよね?

でもネフローゼ症候群は慢性的なむくみがあるので、何となく瞼が重かったり靴下の跡がなかなか取れないなどの症状が現れます。

治療法はまずは安静にすることが第一で、入院して投薬治療や塩分制限の食事が必要になり、
症状が落ち着くと退院できますが、投薬が長く続くことが多く塩分など食事の制限が必要なので、
周囲の理解と協力が不可欠になります。

完治が難しい病気と言われていて、再発しては入院という人が多く長く付き合っていかなくてはならない病気と言えます。

また、大人だけではなく子供でも発症することがあり、生活面でも制限が多く入退院も繰り返すことが多いので、
辛い病気ではありますが、投薬で症状を抑え落ち着いてくると薬なしでの生活を送ることもできます。

現代の医学では完治が難しい難病指定の病気ですが、患者さんはかなり多く研究が急がれべき病気ではないでしょうか?

ネフローゼ症候群が進行すると腎臓に支障をきたすことになり、最悪の場合は人工透析をしなくてはならないので、
患者さんはそうならないために、主治医の指示にきちんと従って悪化しないような努力が必要です。

この病気を知らない人も多いと思いますが、実はとても身近な病気で決してまれなものではないということです。

 

コメントを残す