パーキソン病の対策となってしまったときの対処法

皆さんはパーキンソン病って知っていますか?

パーキンソン病は、1000人に1人くらいの割合で発症する難病で、
若い人よりは50代後半からなる人が多いと言われています。

主な症状としては、手足が震えたり筋肉が強張ったりします。
それから、反応や動作が遅く、前かがみでバランスがとれずに転倒することもあります。
また、顔つきは人形のようになり、会話は小声でどもるようになります。

身体の動きが思うようにいかなくなるのは、脳が出す命令が筋肉にちゃんと伝達できていないためです。

どうしてちゃんと伝達できなくなるのかというと、
脳にある黒質の神経細胞がうまく働かなくなって、神経伝達物質であるドーパミンが減少するからなんです。

しかしパーキンソン病のような症状が出ていても、
例えば、飲んでいる薬が原因でパーキンソン病のようになったり、
動脈硬化などの脳血管障害によって、似たような症状が出ることがあるようですね。

ですので病院で血液や髄液検査を行ったり、
CTやMRIで脳を調べて脳血管障害がないかを調べて、
異常がなかった場合は、パーキンソン病である可能性が高くなるものと思われます。

治療法には、まず薬物療法があります。、
「L-ドーパ」という治療薬は、効果が高いと言われていますが、長期間服用すると、
だんだん効いている時間が短くなるウェアリングオフ現象や、
ドーパミンが過剰になり、体が勝手に動いてしまうジスネキアという症状が起こるかもしれないので、
主治医の判断が大切になってきますね。

薬物療法で効果が見られない場合は、外科療法を行うこともあるみたいです。

パーキンソン病の原因となっている神経細胞を壊す「定位脳手術」や、
それから脳に電極を埋めて神経を刺激する「深部脳電気刺激療法」などがあります。

パーキンソン病の経過は人それぞれですが、
ほおっておくと、発病後10年で少し介助が必要になる人が半分くらいいるそうです。

今は治療法も進んできているので、
何らかの症状が出ていて「もしかして?」と思うようなら、早めに病院に行った方が良いでしょう。

胃炎のときの対処法

これからの時期はどこも忘年会で予定が一杯だと思います。
忘年会というとつきものなのが酒。

ついつい酒を飲みすぎてしまいます。
その次の日にちゃんとケアしていれば問題ないのですが、たいがいの人はその次の日も取引先と飲み会だったり・・・

こんな日々が続くわけです。

飲みすぎたなーと思った次の日はどこか胃が持たれている感じがしたりしますよね。
こういうとき、一番よいのが水以外何も飲まないことですよ。

朝、昼、と水だけで過ごして胃の回復を待つのが一番なのです。

間違っても昼間の弁当でから揚げ弁当などを食べないでくださいね。